ショーパブは夜のお店?

 

いかがわしいお店ではありません

 
『ショーパブって、夜のお店でしょ?いかがわしいお店でしょ?』
そういう風に認識知れるのが、一番悲しいです。
確かに、営業時間は夜から深夜ですし、夜のお店特有のサービス料等がかかります。
しかし、決していかがわしいお店ではないのです。
プロのダンサーさんが、日々稽古をして磨きあげたパフォーマンスを観られる所なのです。
 

最近では女性客も増えてきている

女性が観ても美しいと思うようなショーが観られるので、最近では女性だけでお店に来る人も増えてきています。
パフォーマンスが終わったダンサーさんと話せたりしますので、そこで美容についての情報を教えてもらったり、こんな素敵な女性になりたいと刺激を受けられます。
 
 

勘違いしがちな事

 

ダンサーさんの独り占めは出来ません

夜のお店だからと言って、自分が気に入ったダンサーさんを独り占めすることは出来ません。
話したりすることは良いのですが、ダンサーさんは色々なお客さんの元へ行く仕組みです。
 

連絡先の交換を強要する

ショーパブでは、ダンサーとお客さんの連絡先の交換は基本的にNGなお店が多いです。
それなのに連絡先を無理やり聞き出そうとしたりするのはルール違反です。
出会いを求める場所ではないと言う事を頭に入れておきましょう。
 

お触りは絶対駄目

これが一番勘違いしてほしくない事なのですが、お触りは絶対にしてはいけません。
ショーパブは接待をするような事はしませんので、手を触ったり、隣に座れと強要したり、お酌をさせたりすることも駄目なお店ばかりです。
そういう事をしたいのであれば、ショーパブではなく別のお店をお勧めします。
 

お客様は神様?

このような考えも良くありません。
お酒が入ると気が大きくなったりして、あたかも自分の方が偉いんだという錯覚を持ちがちです。
チップなどを払うという行為も、優越感を感じられて相手より自分の方が上だと思ってしまう時があります。
そこらへんのマナーは、大人なのですからちゃんとしておきましょう。
 
 

ルールを守って楽しく利用しましょう

 
ショーパブというのは魅力的な場所です。
しかし、1つ何か勘違いしてしまうと自分にもお店にも良くない事が起きてしまう可能性がある場所です。
お店によっても独自のルールや決まり等がありますので、そこの所をちゃんと確認してから行くようにしましょう。
 
 
以上の事を守って利用すれば、ショーパブはとっても素敵で、素晴らしいお店です。