show Club 神楽 Tokyoに行った時の話

 

ショーパブ初心者に向けて

 
ショーパブに行ったことが無い人は、ショーパブが一体どういう雰囲気なのか、どういうシステムなのか見当もつかないと思います。
そこで、筆者がshow Club 神楽 Tokyoに行った時の話を書かせていただき、どんな感じなのかイメージしていただければと思います。
 

show Club 神楽 Tokyoに行った時の体験レポ

 
六本木にあるshow Club 神楽 Tokyoは何度か行ったことがあり、個人的にもお勧めのお店です。

店内の様子

和を基調とした店内は、豪華なのですが派手な感じては無く、上品な印象です。
どんちゃん騒ぎしたいお客さんが来ると言うよりは、ゆったり落ち着いて楽しみたいと言うような人が来るところですね。
なので、お店を選ぶときは自分がどんな風に楽しみたいか考えてからお店を選ぶのが良いと思います。
 
 

利用したシステム

90分4000円の1オーダー制で入りました。
2件目で入ったので、そこまでお酒は飲まないだろうと思い飲み放題にはしませんでした。
先に合計金額と内訳を書いておきます。

【90分4000円】
【ウィスキー1杯1200円】
【チップ30枚3000円】
税別合計8200円
 
そこに【消費税8%】と【サービス料10%】が入り
税込合計9676円

でした。
1万円以下で楽しめちゃいました。
 
※料金システムというのは、お店によって多種多様です。
しっかり理解しておかないとトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、ちゃんと調べてから行くようにしましょうね。

 
 

ショーの時間は決まっている

show Club 神楽 Tokyoもそうですが、多くのショーパブはショーの時間が決まっています。
なので、それに合わせて来店するようにしましょう。
 
 

席に座りショータイムを待ちました

筆者はショータイムの時間に合わせて来店して、席に着いてしばらくしたらショーが始まりました。
ステージから近い席に座ったので、ダンサーさん達のド迫力なショーにくぎづけになりました。
ショーの時間は好きなように楽しんで大丈夫です。
が、周りの人の迷惑にならないようにしましょう。
 
 

ダンサーが挨拶に来てくれる

ショーが終わったダンサーさんが、席に挨拶をしにきてくれます。
show Club 神楽 Tokyoのダンサーさんは皆素敵な人たちです。
この時、買っておいたチップを渡すのが良いでしょう。
ショーの感想を言うと素直に喜んでくれますので、この時間が筆者は大好きです。
 
 
 
とても大まかではありますが、ショーパブはこのような感じの流れが主流です。
初めて行く時はドキドキするかと思いますが、行ってしまえば楽しさしかありませんので、是非行ってみて欲しいです。